IMG_4638_edited.jpg

​私が横浜ひざ整体院を作った経緯と想い

まず、私が当院を作った経緯になりますが2つあります。

1つは、私は、変形性膝関節症の再生医療のクリニックでメディカルトレーナーとして5年間勤務していた経験(現在は外部公認トレーナーとして勤務)があり毎月約150件程度、年間で約1800件の膝痛のリハビリを担当してきましたが、その中で一つ苦難がありました。それは、リハビリの時間が少なく、最小限しかリハビリを提供できないこと、また来院頻度も数か月に1回程度なのでもっと患者様によくなってほしいと思ったときに、もっと施術をしてあげたい、もっといいサービスを提供したいと考えてました。そこで、私自身で、できる環境を作れば、もっと患者様のサポートはできるし、私自身ももっと多くのサービスを提供できると思い、当院を作りました。現在もご縁があり再生医療の医療機関と連携をとって紹介という形で患者様のアフターフォローをしています

​→医療機関からのご紹介の方はこちら

もう1つは、再生医療を受ける方は変形性膝関節症の症状が進んでいて変形が強い方ばかりで、膝の痛みで日常生活でも悩んでいる方がとても多いです。どうして、もっと早くに治療をしなかったのか、もっと早くに対処しなかったのかと思うことも多々あります。これは、痛みが出たら病院へ。という習慣が招いていると思い、痛みの出始めや、痛みが出たときにもっと早く、膝が痛くなる前、痛みが出始めた時に身体を整える大切さ、筋力をつける方法や日常生活のアドバイスを伝えたり、予防の大切さを伝えることができる場所があれば、膝の痛みで悩まれている方を救えるのではないかと思い、それを解決するために当院を作りました。​​​

現在、膝の痛みで悩まれている方は非常に多くいます。特に40代を過ぎると膝の違和感、50代を過ぎると膝の症状の進行、60代になってくると慢性的な膝の痛みで悩まれる方が多いです。

痛みが出てから、治療をすると治るのに時間がかかります。

一番大事な時期は、痛みの出始め、膝の違和感を感じたときにどれだけ早くに適切なアプローチ(姿勢改善、正しく関節を動かす、正しく筋肉を鍛える)ができるか、そして膝の痛みが出てしまったときに何をすればいいのかを知っとくことが大事だと思います。

​当院では、膝の痛みを改善する為に、予防をする為にお客様の悩みに寄り添って改善のサポートをしていきます。

IMG_4639_edited.jpg

整体師 佐々木 悠樹 

​【経歴】

2011年 大手リラクゼーションサロン入社

2014年 店長就任

2015年 エリアマネージャーに就任

エリアトップの業績を収める。

2016年 技術指導員就任。100名以上の技術指導

2017年 大手リラクゼーションサロン退社

2017年 変形性膝関節症の再生医療クリニックに転職しメディカルトレーナーとして月間約150名、年間約1800名の患者様のリハビリを担当する

2019年 横浜ひざ整体院を開院し経営開始

2022年 変形性膝関節症クリニックと業務連携開始し治療後のアフターフォローの紹介先となる

 

資格

IHTA認定 メディカルトレーナー

IHTA認定 スポーツトレーナー

​​NPO法人セルフ・カウンセリング普及協会 

メンタルケア・アドバイザー