top of page

【慢性的な膝の痛み】膝が腫れている時の対処方法



膝の痛みを感じるとき膝が腫れたり熱を持つ事があります。

これらの症状は、急性期だけでなく、慢性的にも起こります。慢性的な膝の問題は、日常生活に大きな影響を及ぼし、活動の質を低下させる可能性があります。


膝の痛みと腫れの原因

膝の痛みと腫れの背後には様々な原因があります。関節炎、特に変形性関節症は、高齢者によく見られる原因です。また、スポーツや運動による過剰使用、怪我、膝の構造的問題も痛みの原因となり得ます。


自宅でできる対処方法(RICE処置)

膝が腫ている時はRICE処置という方法を使って対処します


安静(Rest): 膝に負担をかけないようにすることが重要です。痛みがひどい時は、活動を控えめにしてください。

冷却(Icing): 腫れや炎症を抑えるために、冷却パックや氷の袋を膝に20分程度当てます。

圧迫(Compression): 圧迫包帯を使用して膝を圧迫することで、腫れを抑えることができます。

挙上(Elevation): 膝を心臓の高さよりも高くすることで、腫れを軽減することができます。


運動療法

膝の強化と柔軟性の向上を目指す運動療法が有効です。正しいストレッチングや筋力トレーニングを行いましょう。


専門的治療法

慢性的な膝の痛みが続く場合は、物理療法や薬物療法、場合によっては手術的治療が必要になることがあります。


予防策と生活習慣の改善

膝の痛みを予防し、再発を避けるためには、日常生活での適切な運動、正しい姿勢、体重の管理などが重要です。


まとめ

慢性的な膝の痛みと腫れは、適切な対処と予防策によって管理することが可能です。症状が悪化したり、改善が見られない場合は、整形外科へ診察を受けることをお勧めします。



Comments


bottom of page