top of page

【慢性的な膝の痛み】あなたのお皿は動いていますか?

膝の痛みは日常生活に大きな影響を及ぼす大きな問題ですが

お皿のマッサージを活用することで痛みの緩和が維持できることをご存知でしょうか?

実際にお皿のマッサージをすることで痛みを軽減している方もいらっしゃいます。

今回の記事では膝の痛みの原因やお皿のマッサージの効果について考えていきます。


①膝の痛みの主な原因

・膝関節の炎症や仕事や、運動によるオーバーワークによる痛み

・外傷やけがによる膝の損傷

・加齢に伴う関節の変化と痛み

主な膝の痛みが出る原因は上記が挙げられます。


②お皿のマッサージの効果

・血流促進や炎症の軽減

・筋肉の緊張緩和と柔軟性の向上

・痛みの軽減への影響

お皿のマッサージを行うことで、お皿の動きも良くなりますしお皿に付着している筋肉や靭帯の柔軟性も向上することができます。

その結果、膝を曲げる可動域が向上し、膝にかかる負担も減っていきます。


③注意すべきポイント

適切な強さと頻度

強いから良いのではなく、痛みのない強さで行うことが大事です。

また、頻度も多いと摩擦で痛みが出てしまうこともあります。

1回20~30秒程度を1日3セット目安に行いましょう


腫れや熱感など炎症が強い場合は控える

腫れがある場合や、お皿周囲を触って痛みが出る場合は無理に行うと悪化につながりますのでその場合はまず整形外科に行き、適切な治療方法のアドバイスをもらいに行きましょう。


まとめとアドバイス

お皿のマッサージは痛みの軽減に効果的です。

しかし、長期間、痛みが続いている場合は整形外科に受診することを勧めます。

一番大事なのは、正しく行うことが一番大事です。

正しく行うのはとても難しいですの、専門家によるレクチャーを受けるのも一つの手段です。

日常生活で快適な生活を送るためにも適切なケア方法、一人一人に合ったメンテンナンスを行っていくことが膝痛改善の近道です。







Comments


bottom of page