top of page

【変形性膝関節症】原因と対策について

変形性膝関節症は、膝の関節軟骨が徐々にすり減り、痛みや機能障害(膝が曲がらなくなる、伸びなくなる)を引き起こす疾患です。

主に加齢や過体重、過去の怪我などによって引き起こされ、日常生活に大きな影響を与えることがあります。

最初はこわばり、そして歩くと痛くなったり、階段が痛くなったり、しゃがめない、正座ができないような症状が起こります。


変形性膝関節症の原因

変形性膝関節症の原因は、

加齢に伴う関節軟骨の自然なすり減りです。

しかし、遺伝的要因、過体重や肥満、過去の膝の怪我もリスクを高めます。


症状と診断

変形性膝関節症の主な症状には、関節の痛み、腫れ、こわばり、および運動範囲の制限が起こります。

診断は、症状の評価、身体検査、およびレントゲンやMRIなどの画像診断によって行われます。


対策

生活習慣の改善

体重管理と定期的な運動は、膝への負担を軽減し、症状を管理するのに役立ちます。

薬物療法

痛みや炎症を軽減するために、ヒアルロン酸注射や痛み止めが処方されることがあります。

物理療法:

強化運動、ストレッチ、温熱療法などを含む物理療法は、関節の柔軟性と強さを向上させます。

手術的治療:

重度の場合には、関節鏡手術や人工関節置換術などの外科的治療が必要な事があります。


予防策

変形性膝関節症の予防には、適切な運動、栄養バランスの取れた食事、膝の保護が重要です。

特に、適度な運動は関節の健康を維持し、肥満の予防にもつながります。


まとめ

変形性膝関節症は、適切な対策を行う事でその進行を遅らせ、症状を軽減することができます。生活習慣の改善、薬物療法、物理療法、必要に応じて外科的治療を組み合わせることで、日常生活の質を向上させることができます。

変形性膝関節症は今の自分自身の状況に向き合い今よりも進行させない事が重要です。

また、症状がまだ軽度な状態程改善も早く、重度になるほど対策も大変になります。

今よりも早く症状を和らげられるように今できる事を取り組んでみましょう!

Comentarios


bottom of page