top of page

【慢性的な膝の痛み】膝の前側の痛みの原因と対策について

膝の前側の痛みは、日常生活に支障をきたすことがあり、歩行や階段の昇降などの動作において大きな問題となることがあります。

この記事では、膝の前側の痛みの原因と、痛みを軽減するための対策について、わかりやすく説明します。


膝の前側の痛みの原因

膝の前側の痛みは、お皿の上、お皿全体、お皿の下のそれぞれに痛みがある事があります。

大腿四頭筋付着部炎や膝蓋骨痛、膝蓋下脂肪体炎、膝蓋腱炎などの疾患があります。この痛みは主に、以下のような原因によって引き起こされます。


膝蓋骨の不安定性

膝蓋骨が正常な位置を保てず、膝の周りの筋肉のバランスが崩れることで痛みが生じます。


軟骨の摩耗

加齢による軟骨のすり減りも、痛みの要因です。


膝への酷使

長時間の歩行や階段の昇降、あるいは運動のし過ぎが膝への負担となり、膝の周りの筋肉が硬くなり痛みを引き起こすことがあります。

運動はいい事ですが運動のし過ぎは良くありません。また、痛みを我慢してまで歩く、階段に関しても負担が蓄積されます。


痛みの軽減方法

痛みの軽減には、日常生活での注意点と適切な運動が効果的です。これから具体的な方法を紹介します。


適切な靴を選ぶ

足への負担を減らすために、サポート力があり、クッション性の高い靴を選びましょう。

ヒールや革靴ではクッション機能が低下するので膝への負担が増えます。


体重管理

体重が増加すると膝への負担も増えます。バランスの取れた食事により、適切な体重を維持しましょう。


ストレッチ

膝周りの筋肉を柔らかく保つことで、膝への負担を軽減します。特に太ももの前と後ろの筋肉を中心にストレッチしましょう。



膝を支える筋力運動

膝を支える筋肉を強化することで、膝の安定性を高めます。ただし、膝に負担をかけない方法で行いましょう。その為にはフォーム、適切な負荷が大事です。


適度な休息

過度な運動は避け、痛みがひどい時は適度に休息を取ることが重要です。

休息も膝の負担を減らすには大切です。


予防策

膝の前側の痛みを予防するためには、日常生活での膝への負担を減らす意識をすることが大切です。


正しい姿勢を心がける

立ち仕事や家事をする際には、膝に負担がかからないように、正しい姿勢を心がけましょう。


階段の昇降に注意

階段を昇る際には、膝に過度な負担がかからないように、手すりを使うなどして体重を支えましょう。場合によってはエレベーターやエスカレーターを使いましょう。


まとめ

膝の前側の痛みは日常生活に支障をきたすことがありますが、適切な靴選び、体重管理、ストレッチと筋力運動、適度な休息を取り入れることで、痛みの軽減ができます。また、日常生活での膝への負担を減らす工夫をすることで、痛みの予防にもつながります。ですが、痛みが続く場合は、整形外科への受診をすることをお勧めします。

bottom of page