top of page

【変形性膝関節症】膝の裏の痛みの原因と対策について

膝の痛みは年齢と共によく見られる問題で、特に膝の裏の痛みは日常生活に大きな支障を与えることがあります。この痛みの原因の一つに「変形性膝関節症」がありますが、これは膝関節の軟骨がすり減り、骨と骨が直接触れ合う状態になる疾患です。年齢を重ねると軟骨の再生能力が低下し、変形性膝関節症のリスクが高まります。


変形性膝関節症とは

変形性膝関節症は、膝関節の軟骨が徐々にすり減り、最終的には骨同士が直接擦れ合うようになる病状です。軟骨がすり減ると、膝の動きがスムーズでなくなり、痛みや腫れ、そして運動能力の低下を引き起こします。特に膝の裏の痛みは、歩行や階段の上り下りなど日常の動作に影響を及ぼし、生活の質を著しく低下させる可能性があります。


膝の裏の痛みの原因

変形性膝関節症による膝の裏の痛みは、主に膝関節内の構造的な変化によって引き起こされます。軟骨が減少すると、膝を支える筋肉や靭帯に過剰な負担がかかり、特に膝の裏側に痛みを感じるようになります。また、膝関節の不安定さから膝を守ろうとする際に、膝の裏側の筋肉が緊張し、痛みを引き起こすこともあります。


診断と治療に関して

変形性膝関節症の診断は、医師が患者の症状を評価し、膝のレントゲンやMRI診断を行うことで診断されます。これらの画像診断により、軟骨の損傷の程度や関節の変形を確認できます。関節の変形度合いでレベルもかわります。変形性膝関節症には初期・進行期・末期と分類されます。治療方法は、症状の重さとその方のの生活スタイルによって変わりますが、一般的には以下のような選択肢があります。


•保存療法

痛みを管理し、関節機能を維持するために物理療法、体重管理、サポーターの使用が含まれます。

• 運動療法

強化運動やストレッチが関節の柔軟性を高め、痛みを緩和させる為です。

• 薬物療法

抗炎症薬や鎮痛薬が痛みと炎症を軽減します。

• 手術療法

重度の場合には、人工関節置換手術が適用されることもあります。

また、最近では再生医療も治療法の一つにもなっています。


生活の質の向上

変形性膝関節症による膝の痛みと上手に付き合い、生活の質を向上させるためには、以下の点が重要です。


• 日常生活での負担軽減: 立ち上がるや階段を使う際は、膝に負担がかからないように注意しましょう。

• 適切な運動: 水泳や自転車漕ぎなど、膝への負担が少ない運動を選び、痛みが出ない範囲で行いましょう。

• 健康的な体重の維持: 体重は膝への負担となるため、バランスの取れた食事により健康的な体重を維持しましょう。


まとめ

変形性膝関節症は、特に高齢の方において、膝の裏の痛みの一般的な原因の一つです。適切な診断と治療法により、多くの場合、症状は管理可能です。日常生活での注意点を守り、適切な運動習慣を身につけることで、痛みを軽減し、生活の質を向上させることができます。

変形性膝関節症と診断された場合は、医師の指導のもと、膝専門の整体院、治療院のもと自分に合った解決方法を見つけ、健康的な生活を心がけましょう。



膝の裏が痛い時のオススメの体操方法



Comments


bottom of page